私が提唱する【半月注意報】や日々の困ったことを解決したノウハウなどを紹介していきます!

困ったこと調べ隊【半月注意報】

体験談

睡眠時無呼吸症候群の治療(CPAP)→20180706受診2ヶ月経過報告

投稿日:

睡眠時無呼吸症候群の治療(CPAP)→20180706受診2ヶ月経過報告

最初に書いた記事から2ヶ月が経過しました。

毎月1度は受診することが保険適用の条件だそうで、これをサボると全額負担になってしまいます。

平日に通院しているので、毎月1回、有給休暇を取得しています。

今月7月は、13日の金曜日に行く予定にしていましたが、
6日金曜日に大雨の影響で電車が運休してしまい、出勤出来なかったので有給休暇扱いとなりました。

初めは、自宅待機との連絡がありましたので、家でゆっくり過ごしていましたが、自宅待機から休暇に変わりました。

自宅付近の被害状況は特に無さそうだったので、なかなか行けるチャンスがなかったマッサージに電話して営業していることを確認して出かけました。

マッサージが終わってから、無呼吸のクリニックが近くにあるので、お昼までに受診出来そうだったのでネット予約して行きました。

CPAPの効果はあるようで、
精密検査の時に15.9だった値が

1ヶ月装着した結果、平均1.5。
2ヶ月装着した結果、平均2.5。

という結果になりました。

これにより、確実に睡眠時の無呼吸は改善されている事が証明されましたので、引き続きCPAPを着用して寝ることになりました。

前回の記事でも書きましたが、
この鼻マスク(CPAP)は、メガネの様なもので、睡眠時無呼吸症候群を完治するものではなくて、

寝る時には、毎日使い続けなければなりません。

そして、保険適用にするために、毎月クリニックの受診をして、約4,500円の支払いが伴います。

この医療費は、私の小遣いから負担しているので、かなりの重圧となります。

さて、8時間睡眠をしましょう!

と言われて、気を付けていましたが、2ヶ月経っても休日に数度達成しただけで、装置の記録上は、平均睡眠時間は、約5時間です。

平均なのでもっと短い日もあります。

そして、昼間は相変わらず眠い。。。

という事で、睡眠時無呼吸症候群に関しては、鼻マスク(CPAP)を着用して寝る事で改善されますが、昼間の眠気に関しては、何も変わっていないので、

専門医に相談しましょうか?
という事で、関電病院の先生に紹介してもらうことになりました。

人気の先生らしくて、今から予約しても数ヶ月後になると思うと言われましたが、

昨夜クリニックの先生からお電話を頂き、現状では7時間睡眠が出来ていないので、昼間眠くて当たり前だと言われたそうです。

まずは、7時間睡眠を習慣化し、それでも昼間に眠気が抜けない様なら、受診してくださいという事でした。

しばらくは、睡眠時間確保に焦点化する必要がありそうです。

私個人としては、7時間睡眠を習慣化することよりも、

健康的な短眠を習慣化したいと思っています。

その為には、お金がかかる。。。

毎月のクリニック代を考えたら、短眠法の塾?に入っても

負担はそれほど変わらないのでは?と、思っています。

もしも、短眠に成功した人がいましたら、是非、経験談などを教えて欲しいです。

-体験談

Copyright© 困ったこと調べ隊【半月注意報】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.