私が提唱する【半月注意報】や日々の困ったことを解決したノウハウなどを紹介していきます!

困ったこと調べ隊【半月注意報】

体験談

睡眠時無呼吸症候群の治療(CPAP)経過

投稿日:

あなたは、今、新しいことにチャレンジしてますか?

「シンデレラおっちゃんJ2です。」

と、自己紹介してましたが、
肩書きの由来は、24時には活動を終えて寝るから

と言う理由だったのですが。

最近というかもう1年前から、
仕事中に眠くて居眠りをする
ことが多くありました。

多部署のマネージャーにも
見られて、直属の上司から注意
を受けていました。

そこで1年前、近くのクリニックで
診察を受けて、睡眠時無呼吸
症候群の簡易検査をしました。

結果はグレーゾーン。

全体の平均値では、保険適用外となり、
寝ている態勢毎の数値では
ギリギリ保険適用となりました。

とりあえず、この装置を使って改善できるか見てみようという事で、保険適用で治療する事になりました。

治療方法は鼻マスクと言うもので
寝ている間に空気を送り込む
装置をつけると言うもので、

その治療方法は、
完治するものではなく、

メガネのようにいつまでも
使い続けなければならない
と言うものでした。

完治しないのなら意味がない
と思い、精密検査を受けずに
いました。

それから1年経って、今でも仕事中に居眠りをしている事を指摘され、

会社として「積極的に治療を受けて欲しい」と派遣元の上司を通して要請がありました。

断れば当然、契約更新はないでしょう。

それならそれで、プランBを
用意していたので、次のステージに進むチャンスでもありましたが、

派遣元会社としては、誠意を持った対応をしなければと思い、

精密検査を受けることにしました。

精密検査の結果はグレーゾーン。

平均すれば正常値付近ですが
寝ている体位別でみれば、

判定基準を超えているため、
保険適用で治療を受けることに
なりました。

この検査と同時期に生命保険の
見直しをしてて、告知欄に受診中と書いて提出していたのですが、

診断名を聞かれてクリニックに問い合わせ、「睡眠時無呼吸症候群」と回答した事で、

未だに保険の申し込みが
受け付けられていない状態に
なってしまいました。。。

治療に関しては、装置を付けて
寝る事でどれだけ無呼吸の回数が
改善されているのかを見てもらいます。

1ヵ月ごとに診察を受けることを
条件に保険適用となりましたので、
今回1ヵ月使用して受診してきました。

その結果、平均睡眠時間が5時間に
満たないという事で、
単なる睡眠不足でもあるので、

まずは睡眠時間を8時間とり、
それでも改善されなければ、
他の原因を探りましょう。

と言う話になりました。

職場の上司ご本人の経験上、
睡眠時間8時間取るようにしたら
調子が良くなったと言われて
いましたので、

先ずは、周りの人の意見を
受け入れて改善されるかを
確かめようと思います。

私個人的には、超短眠を試したい
気持ちが有るのですが、今は
それを始めるだけの資金が無いので
一般的な対処を選択します。

毎朝6時前後に起きるため、
8時間睡眠を取るためには、
夜22時には寝ないといけません。

従いまして、
「シンデレラおっちゃん」は
しばらくの間、22時には
シャットダウンする事を
目指します!

週末の金曜日夜は、J2塾の
ブートキャンプ定例Skype
ミーティングなので、

週一度は時間オーバーしますが、

しばらく8時間睡眠を取れるように
早寝しようと思います。

-体験談
-

Copyright© 困ったこと調べ隊【半月注意報】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.