体験談

iPhoneの顔認証をマスクをつけたままパスする方法



iPhoneの顔認証をマスクをつけたままパスする方法

たまたまYouTubeで別の動画を検索しようと開いたら、欲しかった情報が入って来ました!

最近は、電車に乗っている時などマスク着用ですが、iPhoneを使おうとすると顔認証が通らないので、毎回パスコードを入力していました。

コロナによる新しい生活様式なんだから、マスクを付けたままでも認証出来たら良いのになぁと思っていました。

そしたらコレ!

マスク着用OK!iPhoneのロックを解除する方法【Face ID】

早速、やってみたらうまく行きましたのでシェアしますね!

動画の中では、確実に誰でも出来る方法として紹介されています。

ここまで有名人になると、再現性が求められて、出来なかった人からクレームが来るでしょうから、なるべく失敗しない方法を検証してから動画を公開していると思います。

確実に設定したい人は、動画を参考にやってみてください。

動画の説明では、今設定している情報を一旦削除して、マスクを左右別々に付けた顔を登録する様に説明しています。

私はこの削除をせずに、新しく登録する顔は、マスクを半分で(今回は左半分にマスクを当てて)登録しました。

これで、マスクをつけてない今までの認証と普通にマスクを付けた顔での認証の両方が通る様になりました。

動画でも説明されていましたが、マスクの付いた顔の認証は、鼻のてっぺんがマスクから出ている状態でないと認識しませんでした。

これで朝の通勤列車の中でパスコードを入力せずに顔認証が通る様になり、かなりストレスが減少すると思います。

 

-体験談
-,

Copyright© 困ったこと調べ隊【半月注意報】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.