私が提唱する【半月注意報】や日々の困ったことを解決したノウハウなどを紹介していきます!

困ったこと調べ隊【半月注意報】

半月注意報

クレームのないお店【J2善知マガジン】

投稿日:

9/10発行

クレームのないお店【J2善知マガジン】

【J2からの善い知らせマガジン】
を読んでくださり、ありがとうございます!

もう10数年前の話になりますが、

新卒で入社した会社を辞めて、
モンテッソーリ教育の教師になり、

大阪で4年間保育園のクラス担任を
していた時の事です。

そこの社会福祉法人は、隣接して
特別養護老人ホームを経営してて、

その老人ホームの職員研修に
保育園の職員も参加させて
もらっていました。

特別養護老人ホームも保育園も
サービス業なので、接客のプロを
招いてロールプレイをしたり、

幹部クラスの職員で合宿をしたり
していました。

そんな中でクレームが無いお店が
どうなるのか?
という話が有りました。

BMTSでビジネス心理術を学んでる
あなたなら、想像がつきますよね?

まだ、BMTSを始めてなければ、
今日から受付開始のこちらから↓
http://www.infotop.jp/click.php?aid=277925&iid=69914

私の紹介リンクから申し込んで
報酬が発生したら、J2塾の環境、
グループ活動に参加できます!

■■

さて、クレームとは、そもそも
何でしょうか?

接客業などを経験したことのある人や
クレームを言った事がある人なら
その真意を知っていると思います。

その真意とは?

自分の価値観によって作られた
常識、正義などを基準として、
その基準を満たしていないと
感じた時に発するものですよね?

私もいくつかのクレームを
した事が有ります。

その時の想いとは?

私の「こうあるべき」という
基準値に満たない、満足できない
つまり、不満なことを相手に
伝える訳ですが、

そこには、愛があります。

どういう事かと言うと、、、

改善して欲しい
(↑これは、自分のエゴ)

改善する事で、今よりも
良くなって欲しい
(↑相手の事を想っている)

つまり、不満があっても、
言ってくれない人の方が多いです。

だから、クレームが無いお店が
良いお店とは限りませんよね?

常に受けたフィードバック
(ここで言うクレーム)を改善し
次なるステージに上がって行く!

そう言う姿勢を持っていると、
お客さんも期待値が上がり、
更なる改善提案をしてくれます。

こうなると、クレームは
有り難いお客さんからの応援に
聞こえて来ますよね?

お互いがwin-winになる為に
一緒に作り上げて行く姿勢。

これは、私の塾活動にも言えます。

お客様(塾生)は神様、、、

ではなく、塾生は家族です。

トップダウンのお父さんも良いけど、
モンテッソーリ教育を学んで
愛している私としては、個人を
尊重して成長をサポートしたい。

じゃなくて、「します」だね!

言葉を変えると、目の前の世界が
変わります。

そうすると当然ですが、
自分の未来が変わります。

望む未来を手にしたければ、
まずは、言葉を変えると良いですね!

あっ!
途中に、
「言葉で思考している」が抜けてた。

本日、【朝活クラブ】第1回目を
開催しました!

当面は、今週末のビッグイベントの
準備室として機能しますが、
それ以降は、希望者も交えて、

【朝活普及委員会】に成長するかも?

お楽しみに!

-半月注意報

Copyright© 困ったこと調べ隊【半月注意報】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.